いつも5歳の娘と通っている市立図書館。
建物の周りは緑に囲まれ、建物内も光が降り注ぎ、蔵書も沢山。
カフェも併設され、展示物も毎回見応えがあります。
来館者のマナーも良く、とても素敵なスペースです。

娘がいつも楽しみにしているのは、紙芝居の読み聞かせ。
そして、見ているだけでワクワクする大型絵本の蔵書です。
毎晩眠る前に絵本を1冊読み、それから夢の世界へと旅立つ娘にとってみれば、
図書館は小さい彼女にとっても憩いの場所なんだと、感じています。

しかし、少しだけなのですが気になる事があります。
それは図書館の立地がとても良い場所という所にも関係しているのでしょうが、
車で来館した場合の駐車料金がかかるという所です。
市立の図書館でありながら30分で100円の駐車料。
たかが100円ですが、気になるのです。
本を心行くまで選ばせたい、読み聞かせの会をゆっくり楽しみたいと思っているのですが、
どうしても駐車料金を気にしてしまい、娘を急き立てて、図書館を出る形になってしまうのです。

税金を多少高く払っても良いので、私立の図書館の駐車料金は無料にしてほしい。
そんな風に感じています。